家族の一員であるペットと楽しむ方法

最後はきちんと

ペット葬儀を行う業者には細かい希望をきちんと伝えよう

愛するペットが亡くなったら、ペット葬儀をしたいと考える飼い主さんが増えています。そこで、ここではペット葬儀を行う場合の注意点についてお伝えします。まず、ペット葬儀をしている会社に電話で連絡を取り、ペット葬儀の日取りなどを決めるようにしましょう。 その時に注意する点としては、どのような火葬の仕方を選ぶのか、その後に残った遺骨をどのように供養したいと思っているか、などをしっかりと葬儀業者に伝えることです。実は、ペット火葬には主に4種類のものがあります。 複数のペットたちと一緒に遺体を焼く合同火葬、一つだけの遺体を焼く個別火葬、また、そのペットを可愛がっていた飼い主の家族たちが立ち会って遺体を焼く立会火葬、祭壇の設定なども行う特別な立会火葬の4種類があります。 この4種類のなかから、希望する火葬の方法を決めることができます。また、お坊さんを呼んでお経を上げてもらったりできるサービスもあります。

ペットが亡くなってすぐにすべきこととは

ペットが亡くなったら、その遺体に接することになります。ペットの死後、まず気をつけなければならないのは、死後硬直が始まることです。実は、死後硬直はわりとすぐに始まることが多いので、遺体を放置しておくとペット葬儀をするときに棺のなかに遺体が入らなくなることがあります。 ですから、ペットが亡くなるのを見届けたら、すぐに前肢や後ろ肢をゆっくりと優しく折り曲げてあげましょう。口が開いていれば閉じるように、まぶたが開いていたらソッと指で下ろすようにしてあげてください。特に、ペット葬儀をしたいなら、そうした気遣いが必要です。 もし、遺体を清めるなら、お湯で濡らしてよく水気を絞った布などを使いましょう。全身を丁寧に優しく拭いてあげるのがベストです。